【普通列車】新幹線から乗り継いで普通列車で青森へ《新青森→青森》

2020青森秋田新潟周遊記

2020年9月15日

東京からはやぶさ3号に乗って新青森へ到着しました。
新幹線は、青森の中心部に乗り入れてないので、最後の最後に普通列車等で青森駅へ向かう必要があります。
その時の様子を軽く紹介します。青森から新青森まで、6分掛かりました。

新青森在来線ホーム

新青森駅の在来線乗り場は2つあります。
基本的に1番線は青森行き、2番線は弘前・秋田方面として使われているようです。

在来線ホームに降りる手前には、新青森駅名物の高級りんごジュース自販機があります。
気になる方は、ここでたくさん買って飲み比べてはいかがでしょうか?

10時32分発、普通列車青森行きの3両編成が到着しました。
車内は、余裕で座れる乗車率でした。

新青森駅発車

列車は新青森駅を発車しました。そのまま90kmまで加速します。

そして津軽線と、旧青森車両センターとの合流地点にて減速現示が出ます。

そして、青森信号場、青い森鉄道線(旧東北本線)へ抜ける線路が分岐していきます。

大きく左にカーブしているところにある場内信号機にて警戒現示がでます。
多くの信号機がたくさん並んでる光景すごく好きです。

青い森鉄道と合流して、青森駅に入線です。
線路が複雑に入り組んでて見てて目が回ります。機会があれば配線観察をしてみたいです。

ATS警報音をキンコン鳴らしながら、ゆっくりと青森に到着しました。

やっと着いた~、目的地に着いたときの達成感は気持ちいいですよね。

青森駅の跨線橋から青森ベイブリッジを望む

その他・注意事項等

鉄道ファンなら多くの方がご存知でしょうが、新青森から青森駅間では、通常は特急券もしくは指定席券が必要となる特急つがる号と臨時快速リゾートしらかみに乗車券のみで乗車できます。
ただし特急つがる号は、3号車と4号車にある自由席に限ります。

また、奥羽本線では一部列車でワンマン運転を行っています。
ワンマン運転を行う列車では、発車ベルが流れないのでそこのところはお気をつけください。

今回は最後までご覧いただきありがとうございました。

その時の旅の様子はこちら…

コメント

タイトルとURLをコピーしました