【日本一周55日目】日本三景・松島&牛タン発祥の店・味太助で牛タンを食べる〈2021-09-12〉

日本一周

2021年9月12日

みなさん、こんにちは!日本一周55日目、南東北に移動してきたkeitripです。

今日は、宮城県を軽く観光してきました。この旅で先日訪れた宮島と天橋立と共に日本三景に選ばれている松島を訪れ、今の仙台の牛タンの発祥の店である味太郎を訪れました。

観光した時間は、短かったものの非常に充実した1日でした。

前日 54日目の様子はこちら↓

仙台駅よりおはようございます

朝10時前 おそ寝坊ございます。昨日の疲れの影響で、こんな時間に起きましたとさ…

10時18分発 仙石東北ライン 快速石巻行きに乗車

高城町到着前に、東北本線から仙石線に転線

10時45分〜10時47分 高城町駅で仙石線 仙台・あおば通行きに乗車

10時50分 一つお隣の松島海岸駅に到着です。

日本三景・松島

ということで、日本三景・松島に到着しました。

今回の日本一周では、宮島、天橋立も訪れたので、これで日本三景全てを制覇したことになります。

駅の目の前には松島海岸があります。ということで歩いて約5分 瑞巌寺五大堂の入り口に到着です。

こちらが五大堂になります。昭和25年に国の重要文化財に指定されました。

美しい松に覆われた島にあり、RPGとかに出てきそうなのがそのまま現実になったような感覚です。

五大堂から見た松島です。本当に大小の島々が浮かんでて変な光景だな〜って思います。

五大堂の近くには、2011年3月11日に発生した東日本大震災の慰霊碑があります。

五大堂からもう少し北に歩いていきましょう。

福浦橋を渡って福浦島へ行きます。通行料金は200円です。

福浦島からは、本土から違った角度で松島の景色を見ることが出来ます。

この松島は、松島湾内外に広がる、大小260の島々が集まる場所です。全ての島を見切るのは、難しいくらい、いろんなところに島々が広がってて、美しいの言葉しか出なかったです。

望遠レンズでぶち抜くとこんな感じ…

絵、水墨画の中にいるような感じになりました。やばくない!

こちらは島のもう一つの先端、天神崎です。船と福浦島、松浦センチュリーホテルなどを絡めて撮ることが出来ます。

ということで、本土へ戻っていきましょう。観光時間は目安30分〜50分です。

戻って行く途中に、瑞巌寺の参道があったので、こちらを通っていきます。

こちらは瑞巌寺の入り口です。今日は疲れたので、行くのは辞めました。

ということで仙石線に乗っていきましょう。北海道&東日本パスで乗り降りし放題なので、12時35分発 高城町行きに乗って、そのまま折り返して行きます。

仙石線から松島をちらっと見ることが出来ます。

仙台・あおば通に到着 牛タンを食う

13時25分 仙台の一つお隣、仙石線の終点 あおば通駅に到着です。
あおば通駅と仙台駅は、400m近くしか無く、地下通路で繋がっているので、実質同じ駅みたいなものです。

しばらくアーケードを進んで行きます。

駅から歩いて15分 味太郎に到着です。ここは仙台の牛タン発祥の地 味太助さんに到着しました。

ということで、牛タン定食(2,500円)を食べます。

肉厚で歯応えがあって、そしてジューシーでとても美味しかったです。

ということで、アーケードをしばらく歩いて仙台駅へ向かいます。

仙台駅から東北本線に乗車

15時00分発 普通福島行きに乗車

貝田駅付近で、宮城と福島の県境を越えました。

16時23分 → 16時38分 郡山行きに乗り換え!ずっと701系でしたが、ここでE721系に乗車できました。

夕日を眺めながら進んで行く!

17時26分 郡山に到着です。あっという間でした!

ホテルにチェックイン後、喜多方ラーメン 来夢でラーメンを食べます。

感想

今回の日本一周の旅で、日本三景の宮島、天橋立、松島の全てを訪れることができて、非常に良かったです。

松島の景色、RPGとかにありそうなファンタジーの世界にありそうな光景が、広がっててとても美しかったです。

美味しい美味しい牛タン、その牛タンの発祥の店を訪れることが出来て、いい観光でした。
駅から歩いて約20分くらいですが、駅から近くまでずっとアーケードがあるので、ぜひ行ってみてください。

明日の予定は何も決まっていません!磐越西線で再び新潟方面へ行くかもしれませんし、水郡線で水戸へ行くかもしれません。

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

鉄道コム

コメント

タイトルとURLをコピーしました