【快速急行が特急に抜かれる】小田急江ノ島線で行われている急急待避とは?

関東

みなさん、こんにちは!小田急江ノ島線ユーザー、神奈川県大和市在住のkeitrip/須田 恵斗です。

相模大野から、大和、湘南台、藤沢を通り、片瀬江ノ島まで至る小田急江ノ島線。
今回は、そんな小田急江ノ島線の少し変わったダイヤを紹介します。

江ノ島線で待ち合わせができる駅

現在、小田急江ノ島線で待ち合わせができる駅は、大和と長後になります。

大和では、各駅停車が急行、快速急行、特急ロマンスカーの緩急接続が…
長後では、各駅停車が急行と接続、快速急行と特急ロマンスカーは停車しないので、通過待ちが行われています。

基本的に各駅停車が、優等種別を待避しています。
しかし、それに当てはまらない待避パターンがあるので、現在の事例と過去の事例を紹介します。

現在、大和で行われている急急待避

2021年3月改正現在、土休日の下りで2回行われている急急待避です。

停車駅各停快速急行特急
相模大野9:34発9:40発9:44発
大和9:44着
9:45発
9:47着
9:51発
長後9:52着
9:58発
湘南台10:00着
10:00発
9:57着
9:58発
藤沢10:10着
10:13発
10:05着
10:08発
10:02着
10:05発
片瀬江ノ島10:20着10:13着10:11着
停車駅各停快速急行特急
相模大野11:34発11:40発11:43発
大和11:44着
11:46発
11:48着
11:52発
長後11:53着
12:00発
湘南台12:02着
12:02発
11:58着
11:59発
藤沢12:12着
12:15発
12:06着
12:09発
12:02着
12:05発
片瀬江ノ島12:22着12:14着12:12着

2018年の複々線化工事完了のダイヤ改正時に誕生した、土休日のみ運転のロマンスカー、メトロえのしま号。

片瀬江ノ島行きのメトロえのしま号は、3~4分前を走る快速急行を大和で追い抜かします。
通常であれば、各駅停車が大和で快速急行に抜かれるところ、大和での接続が不可能なため、長後まで逃げ切り、長後にて、メトロえのしま、快速急行の順で2連続で通過待ち合わせを行います。

土休日に多く設定されている新宿発のえのしま号では、前後の快速急行と10分前後空いているのでこのようなことが起こりません。

メトロえのしまの運転時刻、運転形態だからこそ見られるものになります。

かつて、大和であった急急接続パターン

2016年のダイヤ改正までの土休日の夜に2回、大和で急行と特急ロマンスカーえのしま号の接続が2回も行われていました。

停車駅各停急行特急
片瀬江ノ島19:15発19:26発
藤沢19:22着
19:25発
19:29発19:32着
19:32発
長後19:37発
19:44着
19:39着
19:39発
大和19:52着
19:52発
19:45着
19:50発
19:47着
19:48発
相模大野20:04着20:01着19:54着
停車駅各停急行特急
片瀬江ノ島20:13発20:26着
藤沢20:20着
20:24発
20:29発20:31着
20:34発
長後20:37着
20:43発
20:39着
20:39発
大和20:50着
20:51発
20:44着
20:49発
20:46着
20:47発
相模大野21:02着20:58着20:54着

接続パターンは、各駅停車が長後で急行と接続、特急ロマンスカーを通過待ちで2重待避。
急行が大和で、後続の特急ロマンスカーと接続を行います。
その急行を追いかけるように、2分後に各駅停車が大和に到着というダイヤになっていました。

しかし2016年の区間準急が廃止されるダイヤ改正を持って、ダイヤパターンが変更され、それに伴いこのような忙しい光景が見られなくなりました。

おわりに

2重待避と急急接続自体は、本数の多い小田原線では当たり前のように見られますが、列車本数が少ない江ノ島線では異様な光景です。

今後の小田急のダイヤの変更によって、無くなるかもしれませんし、新たなパターンで増えるかもしれません。
割と単調なダイヤの江ノ島線の注目ポイントだなと、改めて感じます。

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

鉄道コム

タイトルとURLをコピーしました