【緩行線を走る特急】7:18発 新宿わかしお乗車記|混雑状況は?≪新宿→大原≫

特急乗車記

乗車日 2020年5月22日

みなさん、こんにちは!keitripです。今回は、外房線特急新宿わかしおに乗車してきました。

特急わかしお号は、東京から京葉線経由で、外房線勝浦や安房鴨川を結ぶ列車ですが、
土休日に1日1往復のみ、新宿から中央線、総武快速線を経由して安房鴨川を結ぶ、新宿わかしお号があります。

その新宿わかしお号の様子を、途中の大原までですが、紹介いたします。よろしくお願いいたします。

今回使う乗車券について

今回は、JR東日本の予約サイト、えきねっとの割引乗車券、えきねっとトクだ値35を利用していきます。

新宿から大原までは(営業キロ103.6km)、運賃¥1,980 特急料金(通常期)¥1,890、合計¥3,870のところ、運賃、料金ともに割り引かれて¥2,500(通常期)で、通常より¥1,370安く行くことができます。

なお、えきねっとトクだ値は、東京または新宿から、茂原、上総一ノ宮、勝浦、安房鴨川のみの設定となっています。なので今回のように大原で降りる場合は、その先の勝浦まで購入する必要があります。

始発の新宿駅

始発の新宿駅にやってきました。発着ホームは、東京行き快速電車と同じ7番線からの発車です。
間違えて、特急ホーム5・6番線、9・10番線に行かないように気を付けてください。

車両は、房総の顔でおなじみの255系電車9両編成です。前から9号車の順で後ろが1号車です。

  • 指定席 1号車~5号車
  • グリーン車 4号車
  • 自由席 6号車~9号車

となっています。しおさいや通常のわかしお号が1号車が自由席なのに対して、この新宿わかしお号は1号車も指定席となっています。

行き先表示板になります。特急しおさいのように、経由路線が表示されています。

新宿発車

7時18分 定刻通り新宿駅7番線を発車していきます。新宿駅出発時点での乗車率は10%くらいでした。

写真をご覧いただくとわかるように、東京行きの快速電車の入線とほぼ同時の発車です。

列車は、総武線各駅停車と並走して御茶ノ水まで走ります。速度は60kmを維持するように走っています。

快速電車で次の停車駅、四ッ谷は通過していきます。

水道橋付近で、各駅停車と交差し、大きく右へカーブしていきます。

御茶ノ水付近では、後続の新宿さざなみ1号になるE257系500番台の回送電車とすれ違いました。

各駅停車の線路に35km程度のゆったりとした速度で転線し、御茶ノ水を通過します。

そして高い高架線をゆっくりと走ると、すぐに秋葉原に到着です。

7時30分 秋葉原駅に到着しました。普段各駅停車しか走らないところに、特急電車が停まるのって不思議な感覚がしますね…

2分間停車し、7時32分に秋葉原駅を発車しました。40km台で加速を止めて、次の浅草橋までの下り勾配を利用して少し加速していきます。

浅草橋駅通過後、隅田川を渡ります。

両国国技館が見えると、両国を通過です。

ちょうど、千葉の観光列車「B.B.BASE」が停まっていました。

両国駅通過後約2分で、東京からやってきた快速線に転線します。

錦糸町駅到着

7時39分 錦糸町に到着しました。前述のとおり、ここから総武快速線に入ります。

あまり関係ありませんが、この新宿わかしおの前は、成田エクスプレスで、後続が私が以前乗車した特急しおさい1号です。つまり、特急列車が3本連続来ます
そして、前を走る快速電車は、市川で成田エクスプレスこの列車に、津田沼でしおさい1号に抜かされます。超鈍足ですね…錦糸町から千葉までの所要時間は各停と3分しか変わらないそうです…

錦糸町から先は、可能な限りトップスピードで走り抜けて行きます。

列車は新小岩駅を通過し、そこから120kmまで加速して行きます。
255系電車は、JR東日本の他の特急電車よりギア比が高いため、かなり唸らせながら走行します。

列車は、江戸川を渡り千葉県に入りました。

7時47分頃 市川駅を通過します。先行の快速千葉行きを追い抜かしました。

本八幡、下総中山、西船橋を快調に飛ばしていきます。

7時51分 船橋駅に到着しました。船橋駅にとっては数少ない特急の停車です。

7時52分 船橋駅を発車しました。 船橋では1名乗車してきました。

7時55分 次の津田沼駅に到着します。総武本線 特急しおさい号は、ここ津田沼を通過しますが、この新宿わかしおと新宿さざなみ1号・3号、季節臨時列車のあやめ祭り号(成田・鹿島線方面)は停車するようです。

7時56分 津田沼駅発車後 幕張車両センターへ入庫する津田沼止まりの電車が、走ってる様子を見ることができます。

ここの車両基地、いろんな電車を見ることができて面白いですよ…ただめっちゃ飛ばすので、写真に収めるのは難しいです。

幕張駅を越えたあたりで、新検見川などの高層マンション群を見ることができます。夜になるときれいですよ~

相変わらずの高速で走っていますね…

西千葉駅通過後は、総武本線と分かれて上り線を跨ぎます。

千葉到着

下り終えると8時06分 千葉に到着します。千葉では4分停まります。
到着と同時に、内房線君津行きが発車していったようです。

その3分後 8時09分には特急しおさい1号が到着しました。

8時10分 千葉駅を発車します。

京成千葉線・千原線と並走しながら本千葉を通過すると、京葉工業地帯のそびえ立つ煙突を見ることができます。

その後、通常のわかしお号・さざなみ号が通る京葉線が合流してきました。

8時14分 蘇我に到着します。先行の内房線君津行きに乗り換えができます。
写真を見ると木更津行きになってますが、後ろ4両を木更津で切り離すからだそうです。

8時15分 蘇我を発車し京葉臨海鉄道と内房線と分かれて、太平洋を目指します。

蘇我を出ると高低差が激しくなり、掘割の区間だったり、盛土の区間を多く通ります。

速度は相変わらず速く、場所によっては120km出していました。
なお、総武快速線と異なり、結構揺れます。茂原から上総一ノ宮がすごかったですね~…

8時28分 東金線との分岐駅 大網に到着しました。

大網を出ると、地上を走る区間が多くなります。

8時36分 高架線を上って茂原に到着しました。一緒に乗った友達のわたがしが、松江駅みたいって言ってました。

千葉の田園風景を高速で駆け抜けて 8時43分 上総一ノ宮に到着しました。

上総一ノ宮を出ると、中央西線のように単線になったり複線になったりします。留置線に209系電車が停まっていました。

ここから先、再び山に沿うような走り方となります。速度は遅くなり95km~100km程度で、駅通過時はポイント等で45km~60kmに落とされることが多いです。

東浪見、太東、長者町、三門を順調に通過し、

いすみ鉄道線が合流してくると大原です。

大原駅到着

8時54分 大原に到着しました。ここで降ります。
今回、いすみ鉄道と小湊鉄道の車両を貸し切るオフ会ツアーがあったので、30名近くが降りられました。わたくし須田も参加してきました。

新宿わかしおの時刻について

停車駅到着時刻発車時刻備考
新宿7:18快速線ホーム7番線
秋葉原7:307:32緩行線ホーム6番線
錦糸町7:397:40
船橋7:517:52
津田沼7:557:56
千葉8:068:09
蘇我8:148:15内房線君津行き8:16発
大網8:288:29東金線成東行き9:01発
茂原8:368:37
上総一ノ宮8:438:44普通安房鴨川行き9:23発
大原8:548:55いすみ鉄道大多喜行き8:58発
御宿9:029:03
勝浦9:099:10普通安房鴨川行き9:57発
上総興津9:179:18
安房小湊9:269:28
安房鴨川9:37内房線木更津行き9:40発

注意

  • 土曜休日などの特定日運転の臨時列車です。
  • 日によって、車両が変わる場合があります。充当される車種によってはグリーン車が付いておりません。

感想

千葉や蘇我はもちろん、船橋、津田沼などの快速線の主要駅にも停車するため、千葉県内のみでの利用客が多いのが印象でした。
今回は、コロナ禍というこもとあり、空いていましたが、夏になると海水浴客やサーフィン客等で賑わうことでしょう…

錦糸町まで中央快速線や緩行線を転々とし、通勤電車とは違う目線で東京の見慣れた区間を体験出来るのが、鉄道ファン的に面白いです。

個人的にですが、前回もしおさいで255系に往復乗車したので、E257系500番台で来てほしかったなと思います。元中央線のE257系が日によっては入るようで、乗ってみたいですね~

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

えきねっと(JR東日本)|新幹線・JR特急列車のきっぷ予約
新幹線・JR特急列車の空席照会、予約申込ができます。事前受付、変更・払戻しも可能。乗換・運賃案内からも予約申込いただけます。

鉄道コム

コメント

タイトルとURLをコピーしました