【日本一周21日目】小野田徳利窯を見る、関門海峡を超えて九州へ

日本一周

2021年8月9日

みなさん、こんにちは!日本一周21日目のkeitripです。

今日は、日本一周6日目の日、近鉄スナックカー臨時名阪特急と暗峠で一緒になった、つるおとさんと一緒に小野田周辺を見つつ、関門海峡を超えて九州へ上陸します。

前日20日目の様子はこちら↓

旧小野田セメント 徳利窯へ

宇部よりおはようございます。朝9時前に、宇部新川のホテルを出ます。

その後やく20分で、南小野田駅付近に着きます。踏切を超えた先が、太平洋マテリアル(株)ですが、そこを左へ曲がると、徳利釜を見学する事ができます。

この徳利窯は、旧小野田セメント株式会社が明治16年に建造した最初のセメント焼成用の竪窯です。

写真をご覧いただくとわかる通り、見た目がとっくりに似ているので、このような名前がついています。

現在は、効率の良い回転式窯が使われています。

ドライブインみちしお

その後、関門海峡を超えるために、下関方面へ向かうのですが、
途中、埴生付近にあるドライブインみちしおで、食事をとります。

ここの、1番の名物は、貝汁です。たくさんのはまぐりが入った味噌汁で、はまぐりの出汁と味噌が混ざって、めちゃくちゃ美味しかったです。

また、刺身や煮付けなども、もちろんうまいです。

関門海峡を超えて九州へ

そして、いよいよ関門トンネルを通過して、九州へ上陸して行きます。

関門海峡は、かなり狭いのであっさりと九州に入った感じがしました。

その後、関門大橋のところまでやってきました。

関門大橋の目の前にある、和布刈神社を参拝します。

台風が近いこともあり、海は荒れてて潮の流れもめちゃくちゃ速いので、かなり怖かったです。

博多へ

その後、小倉でレンタカーを返した後、博多まで移動するために、特急ソニックに乗車。

この日は、15分ほど遅れて運転していました。

今回使ったのは、2枚きっぷです。料金は2940円です。

これを二人で分けて使いました。実質1470円で、格安に移動ができました。

885系なども含め、九州の特急はどれもかっこいいですね…

西鉄バスに乗車

博多駅近くのホテルにチェックイン後に、大きい荷物を部屋に置いて、お出かけします。

博多駅前のバス停から西鉄のBRT メルセデスベンツ製の連接バスに乗車 天神へ移動します。

到着後に西鉄福岡(天神)駅の様子を見ました。

その後、504系統 生松台入口行きのバスに乗車します。

西鉄バスの路線バスは、都市高速を走るバスが、1日2,500本以上も走行します。
途中では、paypayドーム、ヒルトン福岡シーホークや、湾岸から福岡の街を見る事ができます。

その後、地下鉄七隈線の終点 橋本駅近くにある木の葉モール北口で下車し、北九州のうどんチェーンの資さんうどんに入ります。

食べたのは、かしわごぼ天うどんです。ごぼ天は別皿にしてもらいました。

こしのある麺に、上品な出汁、かしわの旨味と脂がうまいことマッチして、めちゃくちゃ美味しかったです。

また食べたいな…

その後、再びバスに乗って天神を経由して、博多駅を目指して、今日は終了です。

感想

台風接近で、中国地方の鉄道が軒並み止まってて、本来ならまともな移動ができないところを、つるおとさんのレンタカーに乗せてもらい、非常に助かりました。

ありがとうございます。運転お疲れ様でした。

つるおとさんの案内で、徳利釜やドライブインみちしおに行けて、よかったです。

僕、現地の名物料理もいいですけど、それより、B級グルメやその地域でしか展開していないチェーン店に行くのが好きで、それで以前から気になってた資さんうどんに行く事ができました。

資さんうどん、メニューも豊富で、麺も出汁も非常に美味しかったです。また、福岡に来たときは食べに行きます。

明日は、つるおとさんと西鉄バス等に乗って、街を巡っていこうと思います。

今日も最後までご覧いただき、ありがとうございます。明日もお楽しみに!!!!

鉄道コム

コメント

タイトルとURLをコピーしました