【SONYノイキャン】WH-1000XM4を買ってきました|改善された点を軽く紹介

ヘッドホン

2020年9月5日

9月4日に発売となったSONYの新型ヘッドホンWH-1000XM4を買ってきました。
いままで、WH-1000XM3を使ってきた僕が使ってみて早速の感想を述べたいと思います。
よろしくおねがいします。

なお、WH-1000XM3は購入前に知り合いに安く譲りました…

開封

箱はこんな感じです….
XM3のときとほとんど変わってません。

早速開けてみました。こちらもXM3と変わりません….

見た目も大して変わらないですね…
NFCのロゴが変わったくらいです。

実際に使用してみて

気になる音質ですが、XM3と違いノイキャンヘッドホン特有の籠もりがほとんど感じません。
またノイキャン性能も向上し、再生を止めてるときでも人のしゃべり声がほとんど入ってきません。
またノイキャン特有の圧も低減し、自然な感じがします。

改善点・機能

《ヘッドホンを外したら音楽を一時停止》

ヘッドホンを外すと自動で再生が止められます。逆にヘッドホンを付けると自動で再生が始まります。非常に実用的で便利な機能です。この機能は個人的にめちゃくちゃありがたいです。
なお片耳外しただけでも瞬時に機能します。
ヘッドホンをつけてて片耳だけ痒くなってもこれで安心ですね。

《アクティブサウンドコントロール時のモードの自動切り替え》

いままでのXM3では、アクティブサウンドコントロールのモードの自動切り替え時のチャイムが鳴ってるときは、再生している音楽が流れませんでした。それが地味にストレスでした。
このXM4では、チャイムが鳴ってるときも、再生している音楽が流れるように改善されています。
個人的にめちゃくちゃ大きな欠点が解消されました。改善してくれてありがとうございます。

《クイックアテンション機能》

タッチセンサーコントロールパネルを覆うように押すと、押してる間のみ周囲の音を取り込み音量を下げるクイックアテンション機能があり、電車の中でアナウンスを聞くときに役に立っています。
この機能を使い終わったあとに、元のモードに切り替わるときにいきなり切り替わるので、使い終わる度に耳に違和感を覚えていました。
XM4では、段階的にふわっと戻るため違和感を覚えません。

《スピーク・トゥ・チャット》

この機能は、XM4で付いた機能です。この機能をonにしてるときに話し始めると、再生中の音楽を一時停止してヘッドホンを着けたまま会話をすることができる機能です。
なお、このモードのOn・Offはタッチセンサーコントロールパネルで、切り替わることができます。

2本の指を、音声ガイダンスが流れるまでロングタップすれば切り替わります。

このヘッドホンには二台の機器に同時に接続出来る機能も付いています。使う機会があれば使ってみます。

XM3よりも多くの機能があり使い込みがいがたっぷりありそうです。
今後も使っていって感想があれば記事を追加していこうと思います。
最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました