【1日1往復】磐越西線快速あがの新潟行き|快速列車の実力は?≪会津若松→新潟≫

2021只見・新潟・仙台

2021年3月15日

前日、只見線で会津若松に到着しました。今回は、会津若松から新潟を経由して山形へ行きます。
その際に、乗車した快速あがのについて紹介します。

磐越西線の非電化区間の定期列車で、唯一の愛称付きの列車です。
愛称がついていることもあり、急行列車や特急列車的存在とも言えるこの列車…交通の要所の新潟と会津若松を結ぶこともあって、主に青春18きっぷ利用の方で気になってる方もいるでしょう。
そんな方々に快速あがの の混雑状況や車内設備、景色をご覧に入れます。どうぞよろしくお願いします。

始発の会津若松駅

始発の会津若松駅です。発車時刻は11時01分、乗り場は3番線です。
1・2・3番線は、階段を使わずに移動することができます。

10時46分、快速あがの号が入線してきました。
新潟駅8時25分発の下り快速あがのが、そのまま折り返して再び折り返していきます。

快速あがのが入線する直前には、会津鉄道の快速リレー101号が5番線に入線します。
この快速リレー101号は、浅草駅6時30分発 特急リバティ会津101号 からの接続列車です。

使用車両について

使用車両は、2019年に運用を開始した新型車両GV-E400系の3両編成です。
2020年のダイヤ改正までは、キハ110系が使われていましたが、GV-E400系全車導入の際に、使用車両が改められました。

エンジンを回して発電して、その電気でモーターを回す電気式気動車となっているため、ギアの切り替えがなく、非常に滑らかで乗り心地はいいです。

車内は、2+1のボックスシートが3区画と

2区画分のロングシートが備わっておいます。
長時間移動での快適性と、ラッシュ時の詰め込みをうまく妥協した配置となっています。

ボックスシートの座席の幅は、キハ110やキハE120より広く取られており、足を延ばしても簡単には届きません。
そのため、車内混雑時に向かいの席に人が座ったとしても、窮屈に感じないので、そういう点を見れば快適性が上がったと思います。

片運転台車(GV-E401、GVE-402)の車端部です。
機器室がある関係で、2席が両方にある計4席の狭い区画となっています。

トイレは、3両中2両設置されています。
外観を撮り忘れましたが、キハE120系のように、大きく通路側にはみ出していませんが、スペースが縦に大きいです。

キハ110系と同じように、ドア付近にはごみ箱が設置されています。
お菓子を食べながら列車に乗るのが好きな私には、大変ありがたい設備です。

11時01分 会津若松駅発車

10時55分に郡山からの磐越西線の到着を待ってから、11時01分に会津若松を発車します。

車内は、大半のボックスシートの区画が埋まりました。

少しの間、郡山方面の磐越西線と並走し、国道の陸橋付近で分かれて左に進路を取ります。

分かれてすぐに、東北横断自動車道の下をくぐります。

列車は、最高速度の95kmまで加速しました。ジョイント音も相まって爽快です。

列車は、会津盆地の田園風景を駆け抜けていきます。

日橋川を渡ると最初の停車駅、塩川に停まります。

少しすると、若松北バイパスの下を通ります。

11時16分 喜多方到着

11時16分、蔵の街喜多方に到着しました。
ここからいよいよ山越えの区間に入っていきます。

喜多方駅を出ると、濁川を渡ります。

勾配を登りながら右へカーブしていきます。

何回かトンネルに入りながら勾配を登っていきます。なお電波は圏外です。

有名撮影スポット、一ノ戸川橋梁を渡ると山都に到着します。

山都では会津若松行きの列車とすれ違います。

列車は、阿賀川の美しい景色を見ながら走行していきます。

阿賀川が大きく左へ蛇行して町が見えてくると、荻野に停まります。

荻野を出て3分くらいすると、釜ノ脇橋梁を渡り、トンネルに入ります。

尾登駅を通過してすぐに、山郷ダムが見えてきます。

11時45分 野沢停車

福島県側で最後の停車駅、野沢に停車します。

この区間は山間部ながら70km~85km程度のかなり速い速度で走ります。

上野尻駅付近を通過すると、上野尻ダムの目の前を通ります。

ダム付近を過ぎると、トンネルやロックシェッドが連続する区間になります。

列車は、県境にある駅徳沢を通過し…

阿賀川を渡ると、新潟県に入ります。阿賀川は新潟県側では阿賀野川に名前を変えます。

阿賀野川に並走して豊美、日出谷を通過すると、磐越西線はトンネルで山を貫き一直線で、新潟県側最初の停車駅鹿瀬をめざします。

トンネルを抜けて阿賀野川をもう一度わたると鹿瀬です。

雲行きが怪しくなってきました。

12時19分 津川停車

12時19分、狐火で有名な津川駅に停車しました。
津川では行き違いのため、13分停車し12時32分に発車します。10名程度の乗客が乗ってきました。

待ち時間の間、少しだけ撮影をしてました。

2021年3月改正時点では、1日1往復しかない会津若松行きのキハ110系とすれ違います。

津川から先、阿賀野川と廃道になった国道と並走します。

阿賀野川から一度分かれてトンネルに入ると三川に停まります。三川の次は咲花です。

五十島と東下条の間では、ロックシェッドやトンネルが連続する険しい区間となります。

列車は咲花に到着しました。

咲花を出て水門の辺りを越えてくると、段々と景色がひらけてきます。

山間の区間を抜けて、12時58分新潟の郊外に位置する馬下に到着しました。

馬下から先、平野部を走り抜けて行きます。速度も95km程度まで加速していきます。

列車は五泉に到着しました。五泉と手前の猿和田から乗車があり、車内はギリギリ立ち席が出る程度の混雑を見せます。

列車は北五泉、新関、東新津を通過して、次は新津です。

13時19分 新津到着

13時19分 磐越西線の終点新津に到着しました。ここから信越本線に入り新潟へ行きます。
この日は新製直後のE131系が停まっていました。

3番線の到着で、2番線発の信越本線特急しらゆき6号上越妙高行きと対面で接続します。

羽越本線と分かれて次はさつき野です。
新津から先は、新潟まで各駅に停まります。

亀田駅に到着しました。柿の種でおなじみの亀田製菓の本社は亀田にあります。

越後石山駅を出ると、新潟貨物ターミナルへ向かう貨物線と分かれます。
その直後、新津車両センターが見えてきます。

白新線と合流し…

現在工事中の高架線を上ると…

13時42分 終点新潟駅到着

会津若松から2時間41分…終点新潟駅に到着しました。到着番線は3番線です。
到着後、新津運輸区へ入庫するため、折り返しの新津行きとなります。

降車時、会津若松から新潟まで乗りとおしたのが10名程度でした。

下り快速あがの 主な停車駅と時刻について

駅名時刻備考
会津若松11:01発10:44着 快速リレー101号
10:55着 郡山からの普通列車から接続
喜多方11:17発
野沢11:46発
津川12:19着
12:32発
馬下12:59発
五泉13:09発
新津13:19着
13:21発
13:20 特急しらゆき6号上越妙高行き
13:29 普通長岡行き
新潟13:42着13:43 越後線内野行き(4番・対面接続)
14:03 白新線豊栄行き

感想

磐越西線ですが、一部区間を除いて70km~95kmとこの手の非電化路線にしては、かなり速い速度で走っていて爽快感を味わえました。
快速というだけあって多くの駅も通過しているので、体感時間も割と短く感じました。

また、停車駅も適切に絞っており、私のように会津若松から新潟へ移動する人と、地域内移動をする地元客の短距離移動の2つの役割をうまく担っているのも印象的でした。

時刻も11時発と、会津を最後に軽く観光した後に、乗ることができます。
今回は、飯盛山の観光を行った後に、乗車しました。
今後、磐越西線を利用する方の参考になれば幸いです。今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました