【2日目】青春18きっぷで行く只見線・米坂線の旅≪快速あがので新潟へ≫

2021只見・新潟・仙台

2021年3月15日

2日目は、会津若松で観光し、新潟経由で山形へ向かいました。
今回は、その様子を紹介します。今回は地味に景色のいいローカル線に乗ったり、新潟のご当地B級グルメのイタリアンを食べてかなり充実した1日となりました。
よろしければ、最後までご覧ください。

飯盛山観光

おはようございます。のんびり7時40分ごろに起きました。
フジグランドホテルの朝食です。のんびり食べて目覚めて、体調を整えます。

おはようございます。フジグランドホテルでゆっくりしてました。
新潟へ向かうさいに、11時発の快速あがのに乗る予定のため、かなり時間がありました。

会津若松駅前からあかべぇに乗って飯盛山下で降りました。

会津若松駅からバスで約5分、飯盛山に到着しました。

ブラタモリで一時期話題になったさざえ堂に到着しました。
館内は、個人目的以外での撮影は禁止のため、中の様子を紹介することができません、
中は本当に二重らせん階段で、構造をいろいろ観察していました。とても面白かったです。

さざえ堂の拝観料は400円です。

飯盛山から見る、会津若松の景色です。奥には会津の山々が見えます。
景色も絶景で、会津若松からすぐアクセスができるので、ぜひ訪れてみてください。

快速あがのに乗車

11時01分発の磐越西線の快速あがのに乗って、新潟へ向かいます。

GV-E400系に乗るのは、初めてです。

磐越西線は、阿賀野川の景色を見ることができる絶景路線です。

13時42分、新潟駅に到着しました。新潟では2時間ほど時間があります。

新潟到着

2時間の乗り換え時間の合間に、新潟のB級グルメ イタリアンを食べました。

万代シティのバスターミナルの2階にある、みかづき万代店で食べました。
イタリアンのほかに、ドリンクSサイズとポテトがセットになってるイタリアンセット(540円)です。
今度はボロニア風イタリアンや、カレーイタリアンを食べてみたいです。

食後のデザートとしてソフトクリームも食べました。クーポン券を使って150円です。

次に乗るのは、白新線・羽越本線の村上行きに乗車します。

白新線・羽越本線をこのまま北上して、終点村上へは向かわず…

米坂線に乗車

坂町に到着です。坂町からは17時12分発の米沢行きに乗車します。

米坂線は、新潟県側は荒川に並走して走る路線です。

以外にも渓谷沿いを走るため、景色がいいです。

山形県に入って、小国のあたりから暗くなってきました。

19時15分、終点の米坂に到着です。

19時20分発の通称山形線こと奥羽本線の山形行きワンマン列車に乗車します。

20時13分、宿泊地の山形に到着しました。

駅から歩いて5分くらいのところにある、スーパーホテル山形駅西口天然温泉に宿泊しました。

無料朝食と、温泉付きで5200円です。

夕ご飯は油そばです。

温泉に入った後、コーラと焼きプリンを食べてから寝ました。
風呂上がりのコーラ最高!

翌日は、左沢線に往復乗車した後、仙台で牛タンを食って常磐線経由で東京へ戻りました。
その様子は次の記事で紹介します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました