【日本一周14日目】津山線に乗車&倉敷美観地区&水島臨海鉄道キハ37

日本一周

2021年8月2日

みなさん、こんちは!日本一周開始から2週間が経ったkeitripです。

今日は、倉敷のホテルに連泊しています。今日は休憩日ということで、その様子をお届けします。

前日 13日目の様子はこちら↓

津山線に乗車

倉敷 8時43分発 岡山行きに乗車します。

9時47分発 快速ことぶき津山行きに乗車します。キハ47 国鉄急行色のノスタルジー車両に乗車できました。

このような簡単な展望スペースがあります。

9時47分 岡山を定刻通り発車しました。山陽本線と分かれて津山を目指します。

福渡駅までは、旭川と並行します。

10時56分 津山駅に到着しました。

本日は月曜日、津山まなびの鉄道館は、休館日でした。

ですが扇形車庫を割と近くから見れて良かったです。

その後、出雲街道の街並みを軽く見てきました。

12時28分発 普通岡山行きに乗車します。

車両はキハ40でした。

津山へ行くときは気が付かなかったんですが、途中の亀甲駅の駅舎です。亀の頭のオブジェクトが飛び出ている独特の形状です。

ということで、13時56分 岡山駅に到着です。

飯は岡山駅に隣接する、さんすて岡山にある二代目一幸舎で魚介とんこつラーメンを食べます。

倉敷美観地区

倉敷駅から南へ歩いて約10分 倉敷美観地区に到着です。

エモいですね〜

水路のある街並み 蔵の並ぶ町並みが一箇所に集中してすごく楽しい地区です。

駅の近くの商店街から歩けば、美観地区の入り口までたどり着きます。

水島臨海鉄道へ乗車

倉敷駅の真横 倉敷市駅から出ている路線、水島臨海鉄道線に乗車します。

お目当てはこの車両です。キハ37に乗車します。この車両は5両しか製造されなかった国鉄の気動車になります。

その内の3両は久留里線で活躍し、今は水島臨海鉄道で走っています。

高架線をゆっくりと走っていき、貨物列車がメインなんだなと実感し、とても面白い路線でした〜

車内は、スーパーロングシートです。こういう古い気動車は、自分からすれば非日常なので楽しいですね〜

終点の三菱自工前に到着です。水島工業地域の中にあり、周辺は工場しかありません。この中を気動車が行き交っているのがエモいです。

貨物駅の東水島駅から折り返してきて再び乗車します。

ということで、約1時間で倉敷市駅に戻ってきました。

夜の美観地区

夜の美観地区を訪れました。昼とは違って、照明のコントラストが美しく写真を撮るのが楽しかったです。
倉敷に泊まった際は、昼と夜に2回訪れてみてください!駅から10分程度なので、気軽に違った光景を見ることができます。

感想

連泊で、大きい荷物を置いて気楽に、今まで乗りたかった津山線や水島臨海鉄道に乗車できて、良かったです。国鉄型車両、ディーゼルカーは、自分にとっては非日常なので、楽しいですね〜

快速ことぶきと水島臨海鉄道のキハ37の詳しい様子は、日本一周から帰宅後に書きます。

また、倉敷美観地区も、昼と夜の美しい光景をそれぞれ見ることができて良かったです。

明日は、人気秘境ローカル線 木次線に乗車して出雲市まで向かいます。お楽しみに

今回も最後までご覧いただきましてありがとうございました。

鉄道コム

コメント

タイトルとURLをコピーしました