【国鉄型特急キハ185】12:00発 徳島線 特急剣山5号阿波池田行き乗車記|混雑状況は?〈徳島→阿波池田〉

特急乗車記

乗車日 2021年8月2日

みなさん、こんにちは!keitripです。
今回は、徳島線の特急剣山に乗ってきました。四国には多くの特急が走っていますが、その中では地味な存在だと思います。
ただ、近年多くの国鉄型特急車が運用から退いている中、この剣山は全列車が国鉄型のキハ185系が、登場当時とほとんど変わらない姿で走っていて、一部の鉄道ファンの方が注目されているかと思います。

また、四国を旅するときに、徳島から高知まで移動するときに、鉄道だとこの剣山を使うため、どんな特急か気になっている方々もいるでしょう。

そんな方々に、沿線の景色や車内の様子をお届けします。特急剣山の乗車を検討されている方の参考になれば幸いです。よろしくお願いします。

始発の徳島駅

徳島線の始発駅 徳島駅にやってきました。ここは徳島線のほか、高徳線、鳴門線、牟岐線の4方向へ向かう列車が発着する駅となっています。

徳島駅の改札から、左へ進んだ奥にあるホーム、1番線から発着します。

切り欠き式の支線感漂うホームから発着するので、少し面白い雰囲気です。

使用車両について

国鉄民営化直前の1986年に投入された、キハ185系が使用されています。

民営化してすぐに、開発・投入された2000系気動車と4年程度しか差がなく、内装も割と似ていますが、

キハ185は従来の国鉄型気動車と同じく、セルフラップがついていない自動空気ブレーキで、ギアの切り替えも手動で行います。

特急剣山のヘッドマークです。アンパンマンが描かれています。ということは…

通常の剣山のヘッドマークはこんな感じです。

側面の行先表示器は、昔ながらのフォント、デザインとなっています。

ゆうゆうアンパンマンカー

この日は、2号車にゆうゆうアンパンマンカーが連結されていました。

車内半分は、指定席スペースになっています。アンパンマンが描かれたモケットになっており、壁や床もアンパンマンの世界観の物になっています。

デッキもアンパンマン仕様となっていました。

デッキ

デッキの様子です。12系客車とかと同じように、折戸式のドアとなっています。

デッキと客室の間には、しっかりとした仕切り扉があります。

運転台の後ろのデッキです。三セクなどで走っている軽快気動車のような、簡素な構造となっています。

1号車の2号車寄りのデッキには、トイレと洗面台がそれぞれ1台備わっています。

トイレは、新型車両と同等にリニューアルがされており、洋式となっています。また、古い車両にありがちな暗さはなく、明るく清潔な印象で、安心して利用ができます。

それでも、トイレ室自体の大きさは、変わらないため、狭いことは変わりありません。

小さいながらも洗面器があり、大型のボタンなので、使いやすいです。

洗面台の方は、リニューアルされておらず、登場当時のままでした。

客室内

後ろ寄り(徳島側)1号車の運転台側の座席は4列分は、指定席の区画となっています。
指定席の枕カバーは、青色で指定席と書かれているので、非常にわかりやすいです。

自由席車の枕カバーは、通常の白色の物になっています。

照明ですが、ライン上に蛍光灯が配置されており、カバーもされています。
国鉄型車両の雰囲気がそのまま残っていてノスタルジック

座席の様子です。

背面テーブルですが、最新の特急型車両と比べると、やや手狭です。

12時00分 徳島駅発車

12時00分 定刻通り、徳島駅を発車しました。徳島駅発車時、乗車率は2割くらいでした。

余裕で、窓側の席に座ることができます。

乗車日前日に、夕方便の様子を見たのですが、かなり席が埋まっており、ホームライナー的な感じでした。

発車直後に車内チャイムが鳴りますが、ゆうゆうアンパンマンカーが連結されているため、車内チャイムが、アンパンマンマーチでした。

高徳線からの景色になりますが、徳島から隣の佐古まで複線ではなく、単線並列となっています。

基本的に、海側が高徳・鳴門線、山側が徳島線が走行するルートになります。

高架線を上って佐古駅を通過。高徳線は大きく右へそれて、吉野川を渡り、剣山が走る徳島線は、吉野川に沿って走ります。

その後、高架線から下ります。

住宅街を走ったのち、鮎喰川を渡ります。
ちなみに、並行する吉野川は、終点阿波池田まで渡りません。

6駅連続通過して、鴨島駅に到着です。鴨島では、徳島行きとすれ違います。

そして、徐々に田園風景になってきます。速度は、最高速度に近い90km程度で快調に飛ばしています。

西麻植を通過して、阿波川島に到着です。
阿波池田11時30分発の特急剣山6号とすれ違います。

阿波川島では同時に、阿波池田行きを追い越します。

山瀬駅でも、普通列車とすれ違います。

阿波山川駅に到着です。1面1線の駅となっています。地元の学生さんなどが2〜3名降りられました。

次の川田駅をポイントの制限を受けて、40kmくらいで通過していきます。

JR四国の特急が走る路線は、1線スルーになっているところがありますが、徳島線はこのような工事がされていません。

川田駅を通過後に、国道193号線と並走しながら吉野川を見ることができます。

穴吹に到着

12時42分 徳島を出て42分で、穴吹に到着です。ここで、数名入れ替わりました。
徳島線の半分近くの列車がここ、穴吹で折り返します。

穴吹からは、吉野川の流れに沿って走っていきます。
山岳路線になりがちな、トンネルや急勾配が連続したりとかはなく、ずっとなだらかに標高が上がっていきます。

徳島線の唯一のトンネルは、穴吹駅の手前に一箇所だけです。

川に向こう側には、E32 高知自動車道が並行して走っています。

貞光駅に到着です。貞光駅があるつるぎ町には、地上から高さ1.3m、幹周が3m以上になる樹木がかずう多く存在します。

江口付近で、東三好橋を見ることができます。

穴吹から先でも、吉野川のなだらかな地形により、速度も80kmから95kmくらいを維持するように走り、スピード感があります。

13時04分 最後の途中停車駅、阿波加茂駅に到着です。

井内谷川のちょっとした渓谷が見えると

三加茂駅を通過、普通徳島行きとすれ違います。

佃駅通過直前に、E32 高知自動車道が吉野川を渡って交差します。

そして、岡山、高松、琴平からの土讃線が合流してきます。

そして、ゆっくりと佃駅を通過、土讃線と合流です。

佃駅通過後、車内チャイムがなり、もうそろそろ阿波池田駅に到着です。

ゆっくりと阿波池田駅に入線します。

終点 阿波池田駅到着

13時17分 阿波池田駅3番線に到着しました。

対面乗り換えで、13時22分発 特急南風14号に接続、終点岡山には14時41分に到着

同じく対面乗り換えで、13時32分発 特急南風9号に接続します。終点 高知には、14時42分の到着です。

4、5番線には、祖谷渓のかずら橋の模型があります。

特急剣山5号の停車駅と時刻

停車駅到着時刻発車時刻備考
徳島12:001番線発
蔵本12:0412:05
鴨島12:1712:17
阿波川島12:2212:2312:31発 普通阿波池田行き 接続
阿波山川12:3312:33
穴吹12:4112:42
貞光12:5212:53
阿波加茂13:0413:05
阿波池田13:17

阿波池田駅接続案内

岡山、多度津方面土佐山田、高知方面
13:22発 特急南風14号 岡山行き 2番線
13:35発 普通 多度津行き 1番線
13:32発 特急南風9号 高知行き 2番線
13:49発 普通 高知行き 2番線

感想 急行型の雰囲気を疑似体験

乗ってみた感想ですが、キハ185系が特急型としては、やや簡素な作りをしていること、
四国のほぼ全ての特急に言えることですが、大半の席が自由席であること、短距離利用のお客さんも一定数いることから、
僕のような若い世代からすると、国鉄の急行列車はこんな感じだったのかな?って、擬似体験した気分になりました。

キハ185系の乗り心地ですが、変速から直結に切り替わるときに、かなり大きいショックがあり、お世辞にも良いとは言えませんが、逆に汽車旅を味わえて面白いです。

また、徳島線はキハ185系とキクハ32の藍よしのがわトロッコが走っているので、機会があったらそれに乗ってみたいです。

四国の列車を乗り鉄される方や、徳島から高知まで行かれる方の参考になれば幸いです。

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

鉄道コム

コメント

タイトルとURLをコピーしました