入社2ヶ月目の新入社員がホワイトな会社をやめたいと思う7つの理由

みなさんこんにちは、社会を舐めてる社会不適合者です。

今回は私がホワイト企業の大手小売店を辞めたいと思ってる理由を紹介したいと思います。
なお入社2ヶ月目なのでまだ研修中の段階です。

1.ノルマを達成できるか不安

売店の販売員なのでもちろんノルマはあります。研修中なので達成できなくても特に咎められることはありませんが、今後達成できるように指導の先輩社員が、仮ノルマとして私に売ってもらいたい商品を決めて、接客の際に売れるようにとなっています。
なおその商品が売れたことは1回くらいしかありません。

2.2ヶ月経っても慣れない

2ヶ月も接客してると普通の場合は接客が慣れるらしいのですが、未だに接客の際に緊張しており、研修での仮ノルマの商品もあるせいで非常にぎこちない接客になっています。
これは、私がそもそも接客に向いてないからだと思います。

3.商品知識がなかなか頭に入らない

これは自分自身の問題なのですが、商品知識が入りません。商品のことも会社からは、新卒やベテラン社員も関係なく自主的に勉強するようにとのことなのですが勉強中は給料が入らないため、私の場合は勉強のやる気が入りません。

4.融通が利かない

接客業は、販売員とお客様の1:1の関係です。お客様はそれぞれ異なるので接客のたびに会話が異なります。その際に私は、アプローチはこう言って、商品の薦め方はこう言ってとマニュアル化してたまに接客がスムーズに行かないことがありその場で固まってしまうことがあります。他にも言葉が丁寧すぎて接客が硬いとよくいろんな方に言われます。
その他に、商品を持ってくる際に空箱をレジに持ってきてから商品を取りに行ってというのをしてるため効率が悪いとレジの従業員からお叱りが受けました
1ヶ月目ならまだわかりますが、2ヶ月目でこれは慣れてないってことだし流石に私には適正がないと思いました。

5.電話が苦手

お客様から在庫の問い合わせや、商品の説明や修理受付など問い合わせ内容は様々です。
対応できる内容かは?実際に電話してみないとわからず未だに電話にできるなら出たくないと思っており、出るのを少しためらっています。
また折り返し電話の引き継ぎの際に多くの失敗をしており、それでよく指導を受けています。

6.接客より作業のほうが楽で楽しい

新製品が出ると展示品や棚を入れ替えます。そのさいに商品を箱に出したり、逆に商品を箱にしまったり、ネジの取り付けや取り外しをします。
そういった作業をしている時に接客しなくて済んで楽だし、正直接客より楽しいと思い、販売員としてこれはよくないなと思いました。

7.指示されるとイラッとする

巡回してるとよく先輩社員からこれの在庫を調べて置いてとか、このカタログ直しておいてといろいろ言われそれが仕事なのがわかっているのですが、それでもなぜかイラッときてしまい、私はどこの会社に行ってもダメだ…自分は社会不適合者なんだな~って思いました。
以上のことから私は今の配属だと合わない可能性が高いということがわかります。
そのことをさっさと上司に言って相談したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました