リバティ接続 快速リレー101号(会津田島→塔のへつり)乗車記|利用状況など #会津鉄道

2020奥会津周遊記

2020年7月9日

日帰りで只見線で奥会津を周遊してきました。
只見線の始発である会津若松へ向かう際に、東武特急と会津鉄道線を使いました。

その時の様子を軽くですが、紹介します。
よろしくおねがいします。

その日の旅程はこちら↓

会津田島で乗り換え

浅草から特急リバティ会津101号に乗り、終点の会津田島に着きました。
会津田島ではすぐの乗り換えで、会津若松行きの快速リレー101号に乗車しました。

会津田島では前方にある構内踏切を渡り、4番線に停車中の1両編成のディーゼルカーに乗り換えます。それが快速リレー101号です。

乗り継いできたリバティ会津号が遅れていることもあり、リバティからの乗客が乗り次第、すぐに出発しました。
乗客は10名程度です。

会津田島駅には車両基地が併設されており、会津鉄道の名物観光列車であるお座トロ展望列車「風覧望」が休んでいました。
今度は浅草発のフリーパスを使って乗ってみたいです。

終点の会津若松へ向けて、会津田島駅をゆっくりと発車しました。

列車は、田島高校前、会津長野、養鱒公園、ふるさと公園駅の4駅を通過して、
次の停車駅の会津下郷です。
列車は、阿賀川と並行して走ります。

こういった旧国鉄線で、多くの駅を通過するのは面白いですね。
国鉄時代で言えば急行列車に乗ってるような感じでしょうか

この快速リレー101号はワンマン列車のため、一番うしろの貫通路のところまで立ち入ることが出来ます。
まるでヒャクトーみたいです。

そして路線図です。
地元のクリニックや、観光で使える温泉や飲食店の広告が掲載されていました。

今度来た時は、じっくり乗ってみたいです。

会津田島を出発してわずか20分、塔のへつり駅に到着しました。
塔のへつり駅で下車したのは私だけでした。

面白い駅の入口ですね。

塔のへつりをじっくり観光した後、約1時間後に来る鬼怒川温泉駅発のAIZUマウントエクスプレスで会津若松へ向かいました。

塔のへつり観光の様子は、別の記事にて紹介します。

今回は最後までご覧頂きありがとうございました。

浅草から会津田島までの乗車記はこちら↓

只見線の乗車記はこちら↓

塔のへつりから会津若松までの様子はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました