【3日目】青春18きっぷで行く只見線・米坂線の旅≪牛タン食って常磐線全線走破≫

2021只見・新潟・仙台

2021年3月16日

前日、会津若松から新潟を経由して山形に行きました。
今回は、山形から仙台を経由して、昨年全線復旧した常磐線を使って仙台まで帰りました。

山形で寄り道

おはようございます、朝6時に起きました。前日疲れてたのでそれなりに眠れました。
朝6時30分から、無料の朝食ビュッフェがあるので、のんびり食べてからチェックアウトです。
僕は、朝がめちゃくちゃ弱いので、自分で好みの量に調節できるビュッフェ形式がありがたいです。

6両編成は長い!

山形からいきなり仙山線には向かわず、フルーツラインこと左沢線に乗りました。
乗車したのは7時50分発の左沢行きです。

左沢線は、朝ラッシュ時には、気動車の普通列車でもっとも長い6両編成を連ねて走ります。
それが気になったので左沢線を往復しました。

左沢線は、夕方にも気動車としては長い4両編成で走ります。

途中の寒河江で、6両から2両に切り離されました。

乗ってきた列車でそのまま、山形へ折り返します。

9時37分、山形駅に到着しました。

仙山線へ

9時45分発の仙山線の快速列車で、仙台へ向かいます。

山を越えるために人が全くいない秘境を通ったり、かと思いきや住宅街を通ったり、
それをわずか1時間30分で行くのがとても面白かったです。

仙台到着

10時55分、仙台に到着しました。

ハピナ横丁にある、牛タン炭焼利久で牛タン定食を食べました。めちゃ美味しかったです。

そのあと、地下鉄東西線で、青葉城へ向かいました。

国際センター駅で降りて…

地下鉄の駅から歩いて5分とは思えないような場所を通って…

青葉城からの景色です。次は夜に行ってみたいです。

常磐線で帰宅

14時40分、常磐線の原ノ町行きに乗って、乗り継いで東京へ戻りました。
昨年2020年に、全線復旧して気になったので乗って帰りました。

原ノ町で乗り換えです。まだ東北なのに「関東に帰ってきた感」があってすごい不思議でした。

ワッフルとブラックコーヒー

常磐線は復旧しましたが、街は完全にゴーストタウンで、ものすごい寂しさを感じました。

17時46分、いわきに到着しました。いわきからは、E501系の水戸行きに乗り換えます。

景色も特に変わらないので、地味につらいです。

19時33分発の上野行きに乗車します。
この時間の水戸地区は、混んでいるのでグリーン車で快適に移動しました。

E231系を見ると、安心感がめちゃくちゃあります。

ただいま~
21時42分、仙台を出て7時間2分、上野に到着しました。

そして東海道線に乗って帰ります。

22時29分、横浜到着です。
これにて青春18きっぷの旅は終わります。来週は伊勢に18きっぷで行きます。楽しみですね…

コメント

タイトルとURLをコピーしました