【絶望】改札口からホームまで、あまりにも遠すぎる駅に行ってみた

関東

相鉄線沿線、神奈川県大和市在住のkeitrip/須田 恵斗です。

最も路線規模が小さい大手私鉄、相模鉄道こと相鉄線。2019年にはJRとの直通が開始、来年2023年には東急との直通運転が予定されています。

相鉄線の駅のほとんどが、他大手私鉄と同様の構造の駅となっていますが、相鉄本線のかしわ台駅は、一見普通の駅に見えて、あるものが日本一となっています。(←条件付き)

かしわ台駅

ここは、相鉄本線かしわ台駅。終点・海老名の一つ手前の駅です。駅舎は少しこぢんまりとしていますが、外観は一見すると普通の駅に見えます。

駅舎内は、ログハウス風の駅で、券売機と自動改札機が2台設置されています。

無人駅ではないので、有人窓口もあります。

ということで、改札口を進みホームへ向かいます。

衝撃的な光景が

ホームへ向かうと、なんと長い長い連絡通路が見えてきました。「ここ本当に駅の中だよな」って感じです。

少し拡大するとこんな感じ…ホームどころか跨線橋すら見えません。

歩いていくと場内信号機を目の前で見ることが出来ます。

そして、分岐器を間近で見ることも可能です。

途中、ホームくらいの高さから普通の地上の高さまで、低くなります。なにかのホームの跡地に見えますね…

そして、日本庭園のようなスペースが見えてきました。

このスペースもあり、駅構内にいる実感が一切湧かないですね…

ここ付近にはたぬきが出没するそうなので、注意喚起の張り紙が設置されています。

ようやく跨線橋が

日本庭園のようなスペースを進むと、跨線橋が見えてきました。

なお、エレベーター、エスカレーターが設置されていません。

跨線橋では、そうにゃんがお出迎えしてくれました。

ホームへ降りる階段です。職員通路のような雰囲気となっています。

ちょうど横浜行きの電車が発車して行ったので、振り返ってみると、10両編成200mがすっぽり収まるとても長い長い通路となっています。

東口駅舎から階段までの距離はなんと350mです。
モグラ駅として有名な土合駅下りホームから駅舎までの距離は500m、その点を踏まえると短いように感じますが、あちらは無人駅で、駅構内には改札がありません。

改札口がある有人駅としては、日本一と言えるでしょう。

ホームの様子

かしわ台駅は、2面4線のホームで、車両基地が併設されています。

西口もあり、立派な橋上駅舎で、東口とは完全に別の駅みたいな雰囲気です。

こちらは、エスカレーターとエレベーターが設置されています。

なぜ東口は350m離れているのか

では、なぜかしわ台駅東口は350mも離れているのでしょうか?

現在のかしわ台駅東口がある場所は、1975年まで大塚本町駅があった場所でした。

1975年の廃止と同時に、入れ替わるのように、かしわ台駅とさがみ野駅が開業し、大塚本町駅は書類上はさがみ野駅へ移転となりました。

このままだと、旧大塚本町駅周辺の利用者が不便になってしまうので、
400m弱の地点に離れたかしわ台駅への連絡通路として、ホーム跡などを活用し現在に至ります。

連絡通路途中に段差があるのは、かつて大塚本町駅のホームがあった名残なのです。

このかしわ台駅がある地点は丘陵地帯で、もしこの東口がないと、坂がある中大きく迂回しなければならず、かなりの不便を強いられます。

駅舎からホームまで350mとかなりの距離がありますが、屋根が付いているので、特段の不便もなく安心して利用ができるとの事です。

おわりに

今大注目の大手私鉄、相鉄線。今まで訪れることが無かった方も、直通を期に乗車する機会があるかもしれません。

車両基地があり多くの電車を見ることが出来る、かしわ台駅を訪れた際は、ぜひ東口へのこの長い通路も歩いてみてください。

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

当ブログを応援してくださる方は、鉄道コムのリンクを押していただくと嬉しいです↓

鉄道コム

タイトルとURLをコピーしました