【今後超注目】延伸に期待がかかる 埼玉高速鉄道線に乗ってきました

普通列車乗車記

みなさん、こんにちは。相鉄線ユーザー、神奈川県大和市在住のkeitrip/須田 恵斗です。

2023年に、新路線「新横浜線」を介して、相鉄との直通が予定されている東急目黒線。
そんな東急目黒線の駅の放送では「南北線、埼玉高速鉄道線直通、浦和美園行きがまいります」というのをよく耳にします。

そこで、埼玉高速鉄道線とはどういった路線なのか、これまで縁もゆかりの無い神奈川県民が乗ってみて、紹介していきます。よろしくお願いいたします。

東急目黒線 日吉駅から乗車

ここは、東急東横線・目黒線、横浜市営地下鉄グリーンラインの3路線が交わる日吉駅です。

日吉駅の横浜方には、目黒線の引き上げ線があります。
ちょうどこれから乗る、南北線9000系の急行浦和美園行きが折り返し準備を行っていました。

また、現在建設中の東急新横浜線の様子を見ることもできます。

埼玉高速鉄道の自社車両はこちら…2000系電車です。現在10編成所属しています。

14時04分 日吉駅を発車。田園調布まで東横線と一緒に走行します。

多摩川を渡り、神奈川県から東京都へ…

目黒駅に到着し、東京メトロ南北線に入ります。

赤羽岩淵駅到着 ここから埼玉スタジアム線

目黒から1時間弱 南北線の終点:赤羽岩淵に到着です。

赤羽岩淵駅 ここから埼玉高速鉄道線です。ステーションナンバーは「N19・SR19」です。

埼玉スタジアム線のナンバリングは、南北線からの続番となります。

赤羽岩淵駅の安全柵は、南北線の駅と言うことで、フルスクリーン式となっています。

と言うことで、赤羽岩淵駅を発車。車内放送は東京メトロのものとほぼ同一のため、別の会社に入ったという実感はあまり湧きません。

少し変わったなと感じた部分は、南北線は40km~60kmでゆったり走っていたのに対し、
埼玉高速鉄道線内では、駅間が長いため最高速度80km/hに近い速度を維持して走っています

川口元郷駅(SR-20) OKS CAMPUS大泉工場最寄駅です。ステーションカラーは紫色。

埼玉高速鉄道線は、駅ごとにステーションカラーが設定されており、柱とホームドアに塗られています。

南鳩ヶ谷(SR21)に到着。川口オートレース場 最寄駅です。ステーションカラーは藍色。

川口オートレース場までは、マイクロバスで10分のところになります。

鳩ヶ谷(SR22)に到着 山伸マテリアル(株)最寄駅です。ステーションカラーは水色。

山伸マテリアル(株)は、バネや精密機械関係のステンレス鋼材を扱う会社です。

以前は、鳩ヶ谷以南は6分間隔で走っていましたが、現在は赤羽岩淵駅までとなっています。

新井宿(SR23)に到着。川口グリーンセンター、川口市立医療センター、くらしの工芸木風堂の最寄り駅です。
ステーションカラーはグリーン。

名前から街道の宿場町と思われそうですが、違うそうです。

戸塚安行(SR24)に到着。副駅名は付いていません。ステーションカラーはイエロー。

読み方は「とづかあんぎょう」です。神奈川県民や18きっぱーは、そのまま「とつか」と読んじゃいそうですね…心の中でずっととつかあんぎょうと呼んでた…

東川口(SR25)に到着。ピュアヴィレッジ東川口最寄り駅です。ステーションカラーはオレンジ。

あと終点まで一駅ですが、JR武蔵野線と乗り換えができるため、半数近く入れ替わりました。

ピュアヴィレッジ東川口には、寝台特急北斗星の食堂車「グランシャリオ」が保存されており、車内でベーカリー&レストランのお食事を楽しめます。

そして終点:浦和美園駅到着直前に、ようやく地下から地上に上がってきました。

浦和美園(SR26)に到着。副駅名は「浦和美園とともに歩む埼玉りそな銀行 最寄駅」です。
さいたまスタジアム2002の最寄り駅ですが、副駅名になって無いのは意外です。

赤羽岩淵は20分、日吉からは1時間20分掛かりました。

埼玉スタジアム2002

ステーションカラーは赤色です。

駅の終端部は、埼玉高速鉄道線浦和美園車両基地があります。また、東武アーバンパークライン(野田線)岩槻駅への延伸計画があります。

この浦和美園駅に関しては、後ほど別の記事で詳しく紹介します。

この埼玉高速鉄道線は、近年開業した鉄道と言うことで、悪くも運賃が高額であることで有名です。

ここで東急東横線:横浜から浦和美園の運賃は994円でした。

埼玉高速鉄道線、赤羽岩淵から浦和美園まで(14.6km)の運賃は480円。
約半分がこの埼玉高速鉄道の分となっており、お世辞にも安いとは言えません。

けど、南北線に乗り入れて都心へ1本で直通で行けるので、地元の方からすれば便利な路線そうだなと感じます。

おわりに

2023年に乗り入れ先の東急目黒線は、相鉄線との乗り入れが予定されています。
それにより、相鉄から浦和美園まで1本で行ける可能性があります。

その他、前述した岩槻への延伸や、それに伴う新型車両8両編成(有楽町線17000系ベース)を1編成発注も行われ、多くの面で注目の路線です。
乗り入れ先の南北線品川延伸もあり、今後どう変わっていくのか楽しみですね…

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

当ブログを応援してくださる方は、鉄道コムのリンクを押していただくと嬉しいです↓

鉄道コム

タイトルとURLをコピーしました